2016年5月31日火曜日

自作のすすめ”半田付けこそ天国への階段”

オーディオの価格はピンキリだ。数千円の超安価なものから、数百万円の超高級品まで様々だ。

普通の人が、普通に購入できるのは、数万円~数十万円までで、それなりの名前のあるオーディオメーカー製だろう。そして、一度買うと、その後10年20年はそのまま使っているのではないだろうか。基本的な構成は、CDプレーヤー、アンプ(プリメイン)、スピーカーだ。

次に、オーディオマニアの場合はどうだろう。ここで、自作できるか否かが大きな分かれ目となる。

自作できない(しない)マニアは、自ずと高級オーディオに関心が行き、高音質をうたうアクセサリーなどにも手を出していることだろう。有名な高級感あふれる製品を所有する満足感も高いことだろう。

一方の自作派のマニアであるが、これも二通りある。基板から設計してしまうツワモノ自作派と、ツワモノが頒布してくれる基板を購入して楽しむ通常の自作派だ。

ツワモノ自作派は神様だ。自分が欲しいと思った基板を楽々設計し、どんなものでも作ってしまう。羨ましい限りだが、通常の自作派には、ハードルは高い。

そこで、私がお勧めするのは、通常の自作派だ。ツワモノ自作派がどんどん最新の基板を頒布してくれるので、その恩恵に預かればいいのだ。基板を購入し部品を半田付けするだけでオーディオ装置が出来上がる。実に簡単だ。

頒布される基板には、部品が最初から半田付けされているものもあるが、多くは、添付された部品を自分で半田付けすることになっている。また、部品は添付されず自分で買ってこなければならないものもある。

要するに、半田付けさえできれば、最新のオーディオ装置を次から次へとっかえひっかえ試すことができるのだ。これは、超お金持ちだけに許されてきた、高級オーディオ装置を次から次へと買い替えるのと同じだ。

貧乏オーディオマニアにとっては、”半田付けこそ天国への階段”だ。

半田付けしているうちに、部品や回路のことも理解できるようになり、ハードウエアの知識も自ずと向上してくる。

何よりも、自分で半田付けした基板から音が出ると、それはそれは嬉しいものだ。この喜びこそ自作派だけに許される醍醐味と言える。

というわけで、非自作派の皆さん。これからは、勇気を持って半田ごてを持とう!

2016年5月29日日曜日

DXIO768Kとデュカロン

DXIO768Kには、NDK NZ2520SD(45.158Mhz and 49.152Mhz)が付いているので、I2SoverUSBと同様に、デュカロンに付け替えてみた。

まずは、サンハヤトの低温半田を使って、DXIO768KからNZ2520SDを2個取り外す。小さくて狭いのでなかなか上手く外れない。チップコンデンサを1個巻き込んでしまう。

まずは、NZ2520SDを外した後のランドの#3と#2に、それぞれデュカロンのOUTPUT、GNDを半田付けする。これ終了。で、音出し。

ん? 変な音だ! ノイズ? 基盤をよく見ると、んんんん???!!!

あれっ、2つの水晶発振器のOUTPUT(#3)が繋がっている!こりゃだめだ。45MHzと49MHzのクロックが同時に入力されたため音がおかしかったのだ。

ということは、この基盤は水晶発振器の「STAND BY機能」を使って、45MHzと49MHzを使い分けているようだ。
I2SoverUSBの場合、二つの水晶発振器は完全に切り話されていて、「STAND BY機能」も使っていなかったので、何の問題もなくデュカロンに付け替えができたということのようだ。

デュカロンには「STAND BY機能」がないので、45MHzと49MHzを自動で切り替えることができず、手動で、45MHzと49MHzを繋ぎ代えるしかない。

仕方がないので45MHzだけ繋ぐことにした。44.1KHzと176.4KHzのPCMとDSDは聴けるので、96KHzと192KHzの時だけ49MHzに繋ぎ変えることで、なんとか凌ぐことにした。


音について。デュカロンにすると音が引き締まる!やっぱりデュカロンは素晴らしい。

なお、45MHzのクロックで96KHzと192KHzを再生すると、45回転のレコードを33回転で聴いた時のような感じになって、綺麗に音は出るが再生速度が遅くなる。

でも、なんだかのんびりとしていいかも。

2016年5月24日火曜日

やなさんAK4495DM DAC

やなさんのAK4495デュアルモノDACの音出しに成功した。
AK4495はEQではなくてさらに高音質のSEQだ。

とりあえずシンプルモードでピン設定で聴いている。

うーん、これはいい。シングルより断然いい。音が更に稠密で静かで滑らかになった感じ。
JPLAYで聴くと最高だ。


イメージ刷新しました

ブログ画面を夏らしく爽やかなイメージに刷新しました。

2016年5月13日金曜日

USB-DAC with ファインメット・ライントランス

PCオーディオのUSB-DACは、こんな感じ。

DDCは、PCMだけでなくDSDも当然の「XMOS」がいい!。
DACは、ES9801の人気が高いが、国産の旭化成エレクトロニクスの「AK4495」がお勧め!
そしてDACの後には、オペアンプではなく「ファインメットライントランス」を使うのが最高!
この後は、プリアンプに入力。