2017年8月31日木曜日

スピーカー調整(2)周波数特性

サイン波スイープの周波数特性
調整したスピーカーの周波数特性を測定してみた。スマホのアプリで簡単に測ることができる。便利な世の中になったものだ。まあまあフラットかな。5KHz~10KHzあたりが
やや下がり気味だが、音を聴いて特段の不満もないのでこんなものかな。


2017年8月26日土曜日

スピーカー調整

調整前

うちのスピーカーは、フルレンジ(JBL4312M)をメインに、チャンデバで高域(ツイーター:アルパイン DDL-R170Sのツイーター)、低域(自作)を加えたマルチアンプ接続だ。

先月あたりからこれまで使っていた3.5インチフルレンジをJBL4312Mに交換した。しかし、JBL4312Mにはツイータがついているので、どうしても高域が2重になり音が濁る。

そこでネットワークを外して、ツイーターとそれ以外を分離したいと思っていたのだが、なかなかやる時間がなくようやく本日実行した。

これがネットワーク。特段ネットワークは弄らず、ツイーターの結線のみ外す。

 ツイーターをネットワークから外し、新たに結線しこれを端子ボックスに穴を開けて外出ししてる。

うーん。ツイーターを高域用パワーアンプに直結することで、これまでと比べものにならない程素晴らしい音に変わる。ネットワークを使わない音は断然いい。やはりマルチアンプが最高。

これで、音の濁りがなくなり非常にすっきりとした音に変わった。やっと元の音に戻りほっとした。



ちなみにこれが43412Mのウーハー。



更に「TANNOY mercury m1」のネットワークも外しツイーターを分離した。このスピーカーもツイーターを分離して別途パワーアンプに繋ぐと化けた。こちらは非常に上品な音でクラシックやボーカルには最適だ。これと比べるとJBLは野暮ったい太さがありロック、ジャズに最適。JBL4312MとTANNOY mercury m1、どちらをメインにしようか悩むなあ。

こちらに「mercury m1」の紹介記事がありました。
http://variouskraft.com/AUDIO-3menteSP7-129_TANNOY_mercury_m1.html



以前、使っていたフルレンジはこれ。Vifa 「TC9FD-18-08」 3.5インチ(9cm弱)フルレンジ。小さいが鳴りっぷりが素晴らしくずっとお気に入りだった。しかし、上記「TANNOY mercury m1」を聴いてしまうと、やはり13cmウーハーの豊かな中域は離れがたく、遂に取り換えてしまった。

2017年8月8日火曜日

振動対策

先日、我が家に来られたベルウッドさんにスピーカーの振動対策をアドバイスいただいたので、ホームセンターで、以下のような制震に効果のありそうな部材を買ってきた。

フェルト 直径3.3cm
 アクリルクッション 直径1.2cm
コルク円柱小 直径2.3cm 高さ2.1cm
 コルク円柱大 直径5cm 高さ2.5cm
コルク板  9cm×9cm 高さ1cm

まずはパワーアンプ。ラックから床に移動したのだが、スピーカーの振動が床から伝わりアンプを振動させるので、コルク円柱4個で支えた。これで床からの振動は全く来なくなった。


次はスピーカー、スピーカーはマルチチャンネルで高域、フルレンジ、低域とそれぞれにパワーアンプで鳴らしているが、スピーカーの上にスピーカーを載せているので、それぞれに振動が伝わり音が濁るので、振動対策が必要だったのだ。

まずはウーハーの足元から。スパイクを受け皿で受けている。
スパイクと受け皿の間にアクリルクッションを入れる。更に、受け皿の下にフェルトも敷いた。
これでほぼ振動が床に伝わらなくなった。これ意外と効果あり。

次は、フルレンジとウーハーの間。まずフェルトを挟んだが全然だめで、追加でコルク円柱小を入れる、それでもまだ振動が伝わる、そこで更にコルク板を挟んでみた。すると、完全に振動が止まった。3重の制振だ。

最後に、ツイーターの下だが、手持ちコルクが無くなったので、インシュレーターを置く。十分に効果あり。

以上で、各スピーカーと床に振動が伝わらなくなり、音の混濁が消えてすっきりとした音になった。コルク、フェルト、ウレタン、効果ありますね。


2017年8月6日日曜日

ファインメットコア両波整流電源に交換


友人のAsoyajiDACの電源をファインメットコア両波整流電源に交換した。見えにくいが、電源基板は、2階建てと3階建ての5枚使っている。

あー疲れた。でも音は良いですよ!



基板半田付け


2日でAK4497DM基板を2枚、PCM9211DAI基板を2枚、両波整流用に改造した電源基板を5枚を半田付けした。

すべて一発で音が出たので疲れも吹き飛ぶ。