2011年4月3日日曜日

VoyageMPD HDDフォーマットとマウント

VoyageMPDでは、使用する楽曲の入ったストレージを用意した適当なマウントポイントにマウントし、そのマウントポイントを /var/lib/mpd/music にリンクする必要がある。

VoyageMPDで使うストレージ
① NAS
② 内蔵HDD
③ USB-HDD
④ USB-メモリ
⑤ コンパクトフラッシュ

VoyageMPDでは、楽曲を管理するのはWindows、楽曲を再生するのはVoyageMPDだ。すなわち、Windowsで楽曲のリッピング・保存・管理をし、Linuxで楽曲を読込・再生するので、WindowsとLinux両方で楽曲が読める必要がある。

WindowsとLinux両方で読めるフォーマットは、ntfsとvfat(fat32)だ。従って、このどちらかの形式でストレージをフォーマットしておく必要がある。ext2ext3などはLinuxでしか読めないので使えない。

以下に、それぞれのマウント方法と注意点をまとめておいた。

NAS
/etc/fstabに、以下のように書けば、ntfsのHDDにマウントし読み込むことができる。
//192.168.0.3/xxxx /music cifs username=yyyy,password=zzz,uid=root,iocharset=utf8 0 0

リンク
ln -s /music /var/lib/mpd/music

サーバーPCの内蔵HDD
ext2,ext3,vfatなどでフォーマットし、/etc/fstabに、以下のように書けばOKだ。ただし、vfatはOKだが、ntfsはマウントできてもクライアントから読めないので使えないので注意が必要。内蔵HDDの場合の楽曲の管理はUSBメモリなどからコピーして追加することになる。

fstab(マウント)
/dev/sda2 /music ext2 rw 0 0

リンク
ln -s /music /var/lib/mpd/music

USB-HDD
USB-HDDやUSB-メモリは、 /media/usb0 と /var/lib/mpd/music に自動的にマウントされるのでfstabへの記述やシンボリックリンクも不要。

繋ぐだけで何の設定も不要で、楽曲を聴くことができる。

ただし、HDDやメモリは vfat でフォーマットしておく必要がある。ここでもNTFSは使えないので注意が必要だ。USBストレージが増えるに従って、usb1,usb2,usb3と追加されていく。*vfatが使えることは分かっていたが、ntfsが使えないことを知らず相当の試行錯誤を繰り返し苦労した(涙)。

自動マウント → /media/usb0 ~    /var/lib/mpd/music

ただし、クライアントソフトでは、 usbmount フォルダーの中に usb usb0 の2つのフォルダーが表示され、その中に楽曲が表示される。


まとめ

NASは、ntfsはOK。
内蔵HDDは、ext2,ext3,vfatで、ntfsは不可。
USBーHDD、USB-メモリは、vfatのみ、ntfsは不可。