2019年7月23日火曜日

Daphileがコントロールポイントに


これはDaohileの画面ですが、先日ふと見ると、画面右下に「Choose Player」があるのに気が付きました。 中を見てみると、AudioDeviceで認識されたUSBインターフェース「DIYINHK USB Audio 2.0」の他に、「UpLightMPD」が見えます。これはレンダラーですね。


試しにDACに繋がるUSBケーブルを、LightMPDの入ったPC(AUP1)に差し替えて、レンダラーに「UpLightMPD」を指定してDaphileで再生してみると、AUP1(LightMPD)から音が出ました。

先日、Daphileをupnp対応のプラグインを有効にしたからですね。Daphileをメディアサーバーにするための設定でしたが、レンダラーも指定できる、つまり「コントロールポイント」にもなるのですね。これにはびっくり。

音は、LightMPDの音ですが、何となくDaphileっぽさが加味されていい感じです。



3 件のコメント:

  1. 「Choose Player」のひとつ隣にある
    半導体マーク(?)を押すと
    現再生画面のソースを読み込んで
    RAMディスク再生が始まります。
    これとても便利です。

    返信削除
    返信
    1. はい、知ってます。でも、家では再生するまでかなり時間が掛かるので、あまり使ってません。高速メモリだと早いのですかね。

      削除
  2. WE SHOULD FUCK. Like right now, right here. Hard, fast. Pin me down, kiss me hard, look me in the eyes and fuck me like you’ve never fucked someone before. Click here and Check me out i am getting naked here ;)

    返信削除