2017年8月16日水曜日

ラフにやろう

JPLAYの設定について、これまで私も含めて何人かの猛者達が試行錯誤して構築した最先端の環境を紹介してきた。

しかし、普通のPCユーザーにとってこれは相当にハードルが高いものだろう。自分で煽っておいて何だと言われるかもしれないが、これを見て無理だと思った人や上手くいかず挫折した人も多いのではなかろうか。

そもそもJPLAYが良いと思ったのは音質だけではなく、誰もが使っているWinodwsベースのソフトだったからだ。それが、余りに環境を突き詰めることでJPLAYを諦めてしまうようでは本末転倒。音楽を楽しむことが第一だ。

そこで、最初は、猛者達の真似などせず、JPLAYをラフに設定して、その後、少しづつグレードアップいくことをお勧めする。その際の注意点を4つにまとめた。

第一は、OSだ。サーバー用のOSであるWindowsServer2012や2016をコアモードで使うなんて聞いただけで引いてしまう。しかし、音楽再生専用PCであればサーバーにこだわる必要はないWindows10でも十分にいい音がする。そこでOSには最近猛者たちも認めたWindows10PROを使うことをお勧めする。これなら安価だし仕様版のライセンスの問題もない。コアモードでなくそのままのGUI環境で気軽に設定できる。

第二に、DACLink700Hzだ。猛者たちは血眼になって700で再生できる環境を構築してきたが、そもそもJPLAY側は700Hzが良いとは言っていないし、マーシンは最初は1Hzで聴いていたそうだ。私も最初は1Hzで聴いていた。JPLAYの音は700Hzが最高というわけではないので、こだわらずに自分の装置で再生できる値でやればいい。1Hzでも170Hzでもいい音だ。そもそもJPLAY側はDACLinkが何なのかを公表していない。

第三に、デュアルやトリプルにこだわらずに、まずは、音楽専用のPCを1台用意して、内蔵HDDに楽曲をいれて、シングルで聴いてみよう。
ただし、JPLAYの真価はJPLAYStreamerを使うことで発揮されるので、音楽専用PCを2台使うデュアル化はお勧めだ。この際、多少のLANの知識が必要になるので、ここだけは何とか勉強していただきたい。

第四に、オンボードのUSB、LANポートを使おう。今のPCには十分すぎるくらいのオンボードデバイスが最初から付いている。最初はこれらを使って、徐々にPCI-Express用基板に変更していけばいい。

以上、自分の力で出来る範囲で環境を構築し、JPLAY+音楽を楽しむことが大事だ。


2017年8月9日水曜日

スイッチングハブレス化!

これは面白い。MFさんがJPLAYのネットワークでついにスイッチングハブレス化に成功した。上の図が従来のスイッチングハブを使ったネットワークで、下の図がスイッチングハブなしのネットワークだ。それにしてもよくこんなことを考えますね。

*図中の (S)はStatic=IPアドレス固定、(D)はDHCPから自動取得の意味


スイッチングハブレス化のメリットは、①スイッチングハブが不要になることに加え、②AudioPCとControlPCだけでなくMediaServerも直結になることだ。
よりノイズが抑えられ、楽曲が直結となる為より鮮度の高い再生が可能で速度も速くなる。

この時、スイッチングハブレス化する代わりに「ブリッジ接続」を使用する。これはPC内部でソフトウエア的にスイッチングハブを作り出す機能だ。これでセグメントの異なるネットワーク同士が繋がる。

上の図では、ControlPCにデュアルのLANポートと無線LAN1ポートがある想定で、LANポート1は、AudioPCとクロスケーブルで直結、LANポート2は、MediaServerとクロスケーブルで直結、無線LANは無線ルーターと繋がっている。ここで、LANポート2と無線LANをブリッジ接続する。これでOKだ。

違いは、現物のスイッチングハブを使うか、ソフトウエアのスイッチングハブを使うかでどちらも機能的には同じだ。

さて、やってみようと思うが、ControlPCがWindowsServer2012R2のcoreモードなので一度GUIに戻して作業する必要がある。面倒だが近いうちにやってみよう。


ということでやってみた。
スイッチングハブのポートには何も刺さっておらず変な感じ。

音出し。DACLink700Hzは直ぐに落ちるが、音はかなり良い。そこでDACLink170Hzに変えると安定して再生した。170でも十分。

いやあ、驚いた。はっきりと音の鮮度が上がったことがわかる。これは激変と言えるレベル。これはM2Goldを聴いた時の感じに似ている。これはやってみる価値ありだ!

ただしM2Goldは繋ぐだけでこの素晴らしさを手に入れられるので、これはこれでお勧めだ。このスイッチングハブレス化はJPLAYのネットワークでしか実現できないが、M2GoldならJPLAY以外のどんなネットワークでも使えるメリットがある。

*追記H29.8.14
ControlPCでNASとブリッジ接続したのだが、非常に不安定だ。しばらく聴いていると突然ControlPointからMinimServer(NAS内にある)が消える。しかも各PCを再起動させても復活しない。

MinimServer(NAS内にある)がブリッジ接続と相性が悪いのかもしれない。エクスプローラーでNASの楽曲は見えているので、NAS・ネットワークとも問題はないようだ。

ということなら、NAS内のMinimServerは使わずに、ControlPC上にMinimServerをインストールしてWindowsのネットワークでNAS内の楽曲を参照して使えば上手くいくかもしれない。

とにかくこれでは、まともに音楽を聴いていられないので、ハブレスは一旦中止し、取りあえず元のスイッチングハブ接続に戻した。ControlPCは、WS2012R2のcoreには戻さずGUIのままでAOもリセットしたままだ。

ところが、これで聴いてみると驚き桃の木山椒の木、空間感や鮮度はハブレスと変わらず、ハブレスより力強い。???理由は不明だがこれは嬉しい!当面このままで使ってみることにした。


2017年8月8日火曜日

振動対策

先日、我が家に来られたベルウッドさんにスピーカーの振動対策をアドバイスいただいたので、ホームセンターで、以下のような制震に効果のありそうな部材を買ってきた。

フェルト 直径3.3cm
 アクリルクッション 直径1.2cm
コルク円柱小 直径2.3cm 高さ2.1cm
 コルク円柱大 直径5cm 高さ2.5cm
コルク板  9cm×9cm 高さ1cm

まずはパワーアンプ。ラックから床に移動したのだが、スピーカーの振動が床から伝わりアンプを振動させるので、コルク円柱4個で支えた。これで床からの振動は全く来なくなった。


次はスピーカー、スピーカーはマルチチャンネルで高域、フルレンジ、低域とそれぞれにパワーアンプで鳴らしているが、スピーカーの上にスピーカーを載せているので、それぞれに振動が伝わり音が濁るので、振動対策が必要だったのだ。

まずはウーハーの足元から。スパイクを受け皿で受けている。
スパイクと受け皿の間にアクリルクッションを入れる。更に、受け皿の下にフェルトも敷いた。
これでほぼ振動が床に伝わらなくなった。これ意外と効果あり。

次は、フルレンジとウーハーの間。まずフェルトを挟んだが全然だめで、追加でコルク円柱小を入れる、それでもまだ振動が伝わる、そこで更にコルク板を挟んでみた。すると、完全に振動が止まった。3重の制振だ。

最後に、ツイーターの下だが、手持ちコルクが無くなったので、インシュレーターを置く。十分に効果あり。

以上で、各スピーカーと床に振動が伝わらなくなり、音の混濁が消えてすっきりとした音になった。コルク、フェルト、ウレタン、効果ありますね。


2017年8月6日日曜日

ファインメットコア両波整流電源に交換


友人のAsoyajiDACの電源をファインメットコア両波整流電源に交換した。見えにくいが、電源基板は、2階建てと3階建ての5枚使っている。

あー疲れた。でも音は良いですよ!



基板半田付け


2日でAK4497DM基板を2枚、PCM9211DAI基板を2枚、両波整流用に改造した電源基板を5枚を半田付けした。

すべて一発で音が出たので疲れも吹き飛ぶ。

2017年8月3日木曜日

JPLAY用NEWPC+リニア電源


HimaさんやMFさんに刺激されて、ControiPCとAudioPCを一新した。目玉は、①リニア電源化、②デバイスはCPU直結のPCI-Express以外使わない、の2点だ。

①は外部からDC12Vのリニア電源を繋ぐ。②はCorei時代に入りノースブリッジがCPU内部に取り込まれ更に高速になったことと、ソースブリッジとバスを使わないことでノイズを極力抑えることができる。

リニア電源
電源は、HDPLEX 200W Linear PSU。今回スイッチング電源をやめてこのリニア電源を使う。リニアテクノロジーのLDO LT-1083を使っており、DC5V-19.5V可変、DC19V、DC12V、DC5V、USBタイプC5Vの5出力がついている。19V,12Vは10A、5Vは3A出力。XLRの電源ケーブルでPC側の12V端子に繋ぐ。

この電源とセットで使うのが、PC内部の電源を供給する便利基板「picoPSU-160-XT」だ。
外部電源とマザーボードをこれで接続する。通常PCのケース内は電源ケーブルでうじゃうじゃし鬱陶しかったのが、ケーブルがなくなりすっきりして気持ちがいい。

小さな基板がメインコネクタと一体になってマザーボードに差し込まれる。12VCPU電源コネクタをマザーボードに差し込み、外部DC12V入力コネクタをケースに取り付ける。
ATX電源は、3.3V, 5V, 12V, -5V, -12V,の電源の他に、PS-ON, PWR-OK、5Vスタンバイ (5VSB)を用意しなければならないが、PicoPSUはこれもやってくれる。小さくて便利な優れモノだ。これはお勧めだ。

ControlPC


ControlPCには、LANポートが2ポート必要になる。スイッチ経由でControlPointやメディアサーバーと接続するポートと、AudioPCと直接接続するポートだが、デュアルポートのLANアダプターを使えばPCI-Eスロットは1つで収まる。そこで、マザーボードは、PCI-E1スロット付きのMini-iTX「Asrock H270M-ITX/ac」に決めた。
ただ、このマザーボードを入れるケース選びには相当苦労した。Mini-ITX用で、PCI-E用スロットが1つ使えるケースというのが、全く見当たらないのである。Mini-ITX用のケースには、ほぼ拡張スロット用の穴が開いていないのである。

しつこく探していると、ようやくヤフオクでHTPCのB3を見つけた。アルミ削り出しの筐体で非常にしっかりとしている。PCI-Eも1枚出すことができる。これはまさにピッタリのケースだ。
CPUは、COREi5
メモリは、DDR4 4GB、ControlPCとAudioPCに各1枚づつ使用

起動用ストレージは、M.2 NVMe SSD。これまでのControlPCに使っていたサムスンのNVMe SSDをそのまま使った。OSを再インストールすることもなくすんなり起動し、そのまま使用できた。PCI-Express

LANアダプターは「インテル PRO/1000 PT デュアルポート サーバ・アダプタ EXPI9402PT」だ。1枚で2ポートあるので便利。PCI-Express



AudioPC


AudioPCでは、LANポートとUSBポート用の基板を2枚使うので、PCI-Expressスロット2レーンが必要となる。そこで、マザーボードは、MicroATXでPCI-Expressスロット4
レーン付の「ASROCK H270M-Pro4」を使うことにした。
ケースは、リニア電源と同じメーカーの「HDPLEX H5」が堅牢なアルミ筐体で見た目もまずまずなので使ってみることにした。
しかし、届いてから、リアパネルに、PCI-E基板用の縦穴がLowplofile用1つしかないことに気が付いた。これは困った。PCI-E基板を2枚取り付けなければならないのに。PCI-E基板の穴は他にも3つあるがすべて横向きで、マザーボードのスロットに差したままでは使えない。ではどうするか。リアパネルに横向きに付取り付けて、延長ケーブルでスロットに差し込むのである。これは失敗だ。もう少し良く見て買えばよかった。

取りあえずLANアダプターをLowplofileにしてマザーのスロットに差し、USB基板を横に取り付けて延長ケーブルでマザーボードに接続した。延長ケーブルは使いたくないが止む無しなので、せめてのノイズ対策として、ケーブルにアルミホイルを3重に巻き、その上からテフロンテープを巻いて絶縁した。少しはましかな。
その際、Lowplofile用ブラケットを取り付け用のネジ穴が甘く全く締まらない(使い物にならない)。止む無く3Mネジにナットで締めた。

更に、正面パネルの真ん中の電源ボタンだが、これまたお粗末。押しボタンスイッチを正方形のアルミ板でバネで押し戻しするようになっているが、その調整の為にネジを中途半端に緩めて使うことになる。押した感じも最悪。これはちょっと使いたくないのでLEDのみ使用して、電源スイッチはサイドパネルにモーメンタリースイッチを取付けて使うことにした。

CPUは、Corei3、これは以前のControlPCの使いまわし。

起動SSDは、インテルのM.2 SSD、128GB。M.2は驚くほど速い。これを使うと他のストレージを使いたくなくなる。まさに爆速だ。PCI-Express。
LANアダプターは「インテル Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT」PCI-Express
USBカードはJPLAYお勧めの「JCAT USB Card FEMTO」、これまで使う機会がなかったがようやく出番がやってきた。外部電源、内部電源をジャンパーで選択できるようになっているが、内部もリニア電源→pico経由の電源なので、今回はこれをつかうことにした。
内部の電源ケーブルは5V(赤)と12V(黄)の両方が来ているので、黄色は切断・絶縁し、赤の5Vのみ使う。PCI-Express

以上がJPLAY専用PCの部品概要だ。さて、音はどう変わるかな。

2017年7月25日火曜日

音は上流で決まる

音は上流で決まる。最近のJPLAYが良くなるに連れ益々そう思う。

デジタルデータを保存するストレージ部。それを再生するPC部。データを伝送するイーサネットにUSB部。デジタルをアナログ音声信号に変換するDAC部。これらの各部で、如何にデータを劣化させずに下流に運ぶか。

PC部は最もノイズに晒される部門だ。ここのノイズはかなり手ごわいが、ここを攻略するとその効果も大きい。

最近の発見は、マザーボードのソースブリッジを使わず、ノーズブリッジを使うことだ。
USB、SATA、LANなどのポートは全てソースブリッジだ。ソースブリッジはマザーボード上のバスを通るためノースブリッジに比べ速度が遅くまたノイズに晒されやすい。

Coreiの時代に入り、ノーズブリッジはCPU内に格納された。ノーズブリッジは早くしかもバスを通らないCPU直結だ。PCI-Eはノーズブリッジ直結=CPU直結なので、PCI-Eに対応したUSB、LAN、ストレージを使えば、バスやソースブリッジは一切不要となる。なのでもったいないが(ソースブリッジ接続の)オンボードデバイスはBIOSでOFFにする。

今回は、ControlPCをPCI-Eだけの構成とした。OSはWindowsServer2012R2 coreモードだ。ControlPCにはそれなりのスペックが必要なので、以下のような構成とした。

構成:マザー(AsrockH270MPro4)、CPU(Corei5)、PCI-e LAN(インテル PRO/1000 PTデュアルポート)、M.2 起動SSD(インテル SSD6 128GB M.2)、メモリ4GB。電源は既存ATX電源。別途リニア電源、ケースを発注中。

AudioPCは、取りあえず様子見で手持ちのAsrockDeskMiniH110を使い、OSにはMFさんお勧めのWindows10Proを使ってみた。こちらはまだLANもUSBもオンボード(ソースブリッジ)だ。

構成:CPU(Corei3)、起動SSD(サムスンM.2 128GB)、メモリ4GB。電源は付属アダプター。

これで、Jplay:DAC Link700MHz,0.1nsが問題なく稼働し、音が格段によくなった。もうここまでくると極上の音としか言いようがない。

まだまだ先があるのだろうか。

2017年7月14日金曜日

ファインメットコア電源トランスで両波整流

両波整流用のファインメット電源トランスが届いた。2次側は、巻き線が5系統出ていて、1系統(3本)の両端は12Vで中点が出ており両波整流で使う。整流後のDCは7.5Vだ。

以前の実験で半波整流の方が音が良いことは実証済みだ。その理由は、恐らく、ブリッジ整流の場合、商用電源の1サイクルで2個のダイオードを通過するが、半波および両波整流は1個しか通過しないからではないかと思われる。

半波でもよかったのだが、2次AC出力の1/4にまで電圧が落ちかなり非効率なので両波とした。両波は、半波+半波で実質半波だ。

AK4497DM DACのトロイダル電源トランスおよびブリッジ用電源基板を両波用に改造したものに全面的に交換した。

早速、音出し。音を出した瞬間にその違いがわかるほどの激変だ。これは凄い! ファインメットコア電源トランスと両波整流はやはり素晴らしい。深夜なので今度の土日に大音量でじっくり確認するとしよう。



2017年7月6日木曜日

9038差動合成専用ライントランス!


待望の特注ESS9038PROの4ch差動合成ライントランス(TLT10410ssWJ)が届いた。

9038DACチップ出力は8chの差動出力であるが、基板内で2chを1chに結線合成し4ch差動となっている。

ライントランスの一次側は、4ch差動出力を受けられるように、3×4=12入力端子が出ている。端子3つで一組(両端と中点)だ。
左右8チャンネルをトランスで差動合成することになる。というかその為に作成した特別なトランスだ。

通常のライントランスと並べた写真が下だ。右が通常のライントランス。

早速、交換。
音だし。
化けた?!

うーん。音が良くなったというより、深みと空間感が恐ろしく向上している。ダイアナクラールの歌う口元がわかるくらいの定位感で圧倒的な実在感だ。深みがあって豊かで非常に心地よい。耳に聴き疲れが感が全くない。AK4497のソリッドで明るく力強い音とは傾向が違って面白い。個人的にはAK4497が好きだが、これは気持ちよくて聴いているうちに眠ってしまう。

やはり9038PROの本来の差動8チェンネル出力をそれぞれトランスで差動合成することで、9038の本来の音を余すことなく聴くことができているのだと思う。

9038をお使いの方は是非ともこのトランスで差動合成されることをお勧めする。

*これにデュカロンのクロックを入れればAK4497+デュカロンと双璧の史上最強のDACになることであろう。

2017年6月30日金曜日

デュカロン切り替え回路

デュカロンは、Stanby機能のないバイポーラ出力が標準だ。NDKさんによれば、Stanbyを付けるとCMOS出力となり精度が落ちるのだという。

もちろん、我が家のデュカロンもバイポーラ出力でStanbyがないので、XMOSのS1,S2信号を受けてデュカロンの45MHzと49MHzを切り替える回路を自作している。

切り替えに使うICはスリーステートバッファで、これまで、74VHC125を使っていたが、今回、より高速な74LVC125(上写真左)に交換してみた。これまでより、より静かに、より滑らかになった感じだ。

また、DAI基板には外部クロック24.576MHz(固定)を入れられるので、デュカロン49.152MHzをD-Type Flip-Flop74LCX74(上写真右)で1/2分周して入れた。やや粗さのあったCDPが驚くほど良い音になった。これは効く。

最近、デュカロンの音が本当に良いと感じる。ファインメットトランスとデュカロンは一生の宝物として大切に使っていきたい。


2017年6月27日火曜日

ESS9038PROのノイズが取れた

やなさんのESS9038PRODM基板のノイズが完全に取れた。これでようやく安定した音楽再生ができるようになった。前回入力電圧を4V→5Vに代えてノイズが取れたと書いたが、それでも時々ノイズが出ていた。

原因は、匿名さんが教えてくれたR2抵抗(47KΩ)だった。これを外すとびっくり。あれほど悩んだノイズが完全に取れた。匿名さんありがとうございます。これでやっとまともに聴けるようになりました。取りあえずの対応だが、早急にインバーターをLVCU04もしくはVHCU04に交換しようと思う。尚、電圧を4Vに戻し、ベタアース接続をファインメットビーズに戻しても全く問題なし。

*(お詫び)その後、再度R2抵抗を元に戻してみましたが、全くノイズのない音がでました。ということで、R2外しは無しとさせていただきます。ノイズが取れた理由は不明です。失礼しました。

以下にノイズのない設定
DSDは、設定が厳しい。ちょっとしたことでノイズがでる。
Clock Gear でMCLK=XINにすると、DSD64、DSD128でほぼノイズはないが、時々DSD64の楽曲によってノイズぽっくなることがある。XIN=1/2であれば大丈夫だ。(我が家のDDCのMCLKが=45MHzと49MHzだからかもしれない。)

DSDは、DPLLをOFF、SyncroModeにするとノイズが酷いので、DPLL1、NormalModeにした。ただし、ジッタクリーナ―がロックするまでの時間のせいか、曲の始まりが僅かに切れる。ジッタクリーナ―をBypassしてもだめだ。

これでようやく音の比較ができるようになった。かなり良い。ESS9038は深みがある感じで、AK4497DMは空間感が抜群で力強い感じか。

それにしてもESS9038PROは、設定が厳しい。十分な情報が公開されていない中で設定しなければならない上に、設定の選択肢が多すぎるしノイズも出すぎだ。

AK4137等のP2Dを使いPCMを全てDSDに変換し、DACにはDSD128入力固定あたりにすればノイズはないので使いやすいかも。




2017年6月22日木曜日

PCI-Expressを使い倒す

友人の今田さんがご自身のブログで、ONボードのUSBポート、LANポート、SATAを使わずに、全て PCI-Eボードに接続すると音質が向上するとの実験結果を報告されている。

http://hyper-pc-audio.blogspot.jp/2017/06/projectm-pcie-x1-to-3x-pcie-x1.html

インテルのチップセットは、Coreiの登場と共にノースブリッジがCPU内部に統合され、それに伴いノースブリッジ直結のPCI-Exressも、CPU直結となっている。

これを使わない手はないというのだ。ソースブリッジを通るUSB、LAN、SATAなどは、PC内部のノイズの影響を受け、音質的には問題がある。

デバイス → ケーブル → 各ポート → ソースブリッジ → バス → CPU(ノースブリッジ)

これをON PCI-Eボードで接続すると経路が一気に短絡する。伝送経路が1つとなることで、高速化される以外に、PCに付き物のノイズの影響も大幅に減ることであろう。

デバイス ON PCI-Eボード → PCI-Eスロット → CPU(ノースブリッジ)

幸い、「USBポート」も「イーサーネットカード」も「SSD」もPCI-Express対応のものが安く売られており種類も豊富だ。

おまけに、1つのPCI-Expressスロットを3分岐するカードもあるとのこと。PCI-Expressスロットの少ないマザーボードには非常に有用だ。

これで、LAN、USB、SSDが全てPCI-Express経由のCPU直結となるので、間違いなく音質には好影響だろう。

これはやってみる価値はありそうだ!

2017年6月19日月曜日

夏の妙高

久々の高原だ。新幹線を降りて、長野駅から妙高高原駅までのローカル線「北しなの線」に乗る。のんびりと車窓から夏の山々を眺めるだけで心が休まる。ローカル線の旅は 楽しい。

しなの鉄道の車内、乗車しているのは、観光の外人さんと地元の方が数人。ドアは手動、エアコンがよく効いていた。

途中の牟礼駅ホーム。夏の気怠い昼下がり。

妙高高原一つ手前の黒姫駅から望む黒姫山。

妙高高原駅終点で下車。車で30分ほどの飯山線飯山駅近くにある「富倉そば本店」に向かった。ヤマゴボウをつなぎに使った10割そばが名物。つるつる触感で絶品。大盛りが300円増しでテンコ盛り、更に、採算度外視、「そば好き」が大好きな親父さんに「そば好き」をアピールできれば追加料金なしの600gも可!ただし、そばというのは、蕎麦湯こそがメインで、そばは蕎麦湯の出がらしらしい!

妙高山。 山頂。

赤倉温泉から見た絶景。手湯、足湯が無料で楽しめる、手や足を入れたとたん「キク―!!!」って感じ。

この後、隣の関温泉で、これまた最高の温泉を楽しむ。疲れが一気に吹き飛びました。