2020年6月8日月曜日

コロナ版Diretta

コロナ版Direttaが6月末まで無料で使えることを聞き、早速試してみました。試させていただけることに感謝申し上げます。

Direttaでの再生

以下のサイトから必要なものをダウンロードします
https://www.diretta.link/download/0.86/

WindowsPCで、PC1とPC2を用意します。
PC1とPC2のLAN接続はIPV6直結です。
楽曲はNASにあり、IPV6直結です。

PC2
USBメモリにブートイメージ「diretta_usb_bridge_x64_limited_86.img」を書き込み、PC2に挿し込み、USBメモリから起動します。


PC1
PC1(HOST)にDirettaASIOdriverをインストールしておきます。
HQplayerのSettingsで「ASIO」「ASIODiretta」を選びます。


これで、HQplayerで再生します。


HQplayer+NAAでの再生




PC1とPC2のLAN接続はIPV6直結です。
楽曲はNASにあり、IPV6直結です。

HQplayer+NAAでのSettingsは以下の通りとなります。


HQplayerで再生します。


比較
上記の通り、ハードウエアは全く同じ環境で、ケーブル、接続もNASとはIPV6直結。TargerPC、NAAPCともIPV6直結です。再生はどちらもHQplayerです。
以上、ハードソフト共にほぼ同じ環境での比較です。

(*あくまでも当方のシステム環境と私個人の感想です。)

Direttaの音は、元気な音ですが、音に角がありややノイジーな感じです。音場、定位もやや劣る感じです。というかシングルPleyerで再生している感じに似ています。

一方、HQplayer+NAAの音ですが、音場、定位、静けさが際立っていて、そのうえ音の一粒一粒が美しく輝いています。あらゆる音がリアルで本物に聴こえます。HQplayer+NAAの方が自然できつさもなく音楽性も素晴らしく感じます。他の追随を許さない感じです。この違いは一聴して分かります。

なお、これはあくまでも当方のシステム環境と私個人の感想なので、他のシステムでの違いや別の感想もあると思います。

是非、皆様も試してみてください。



1 件のコメント: