2015年12月8日火曜日

最新のシステム構成

DuCULoNのシステムの構成は以下のとおり

 DuCULoNを使う為には、DDCに搭載されている水晶発振器が45.158MHz、49.152MHzでなければならない。(たいていのDDCは、22.579MHz、24.726MHz搭載で、分周の必要がある。)
 そんな中で、DIYINHKのDDCは、水晶発振器45.158MHz、49.152MHzを搭載しており、DuCULoN接続にはピッタリだ。PCMオンリーだが音質はかなり良い。

DATAを15bitシフトしたバージョン、ICが2個減ったうえ上に音もいい。
どちらもBCKでLRCKとDATAをリクロックしている。

DATA15bitシフト、リクロックなし、ICが1個減った
これまでの水晶発信器だとリクロックした方が音が良かったが
DuCULoNの場合、リクロックしない方が断然いいようだ