2011年10月30日日曜日

FN1242A-DAC(4) DSDを聴く! 

いやー、これはいい!この音!淀みが無く非常にクリアだ。かといって刺々しさは皆無で、明瞭感があり、全体のバランスもいい。低音も良く出ていて文句は無い。聴いていて気持ちがいい。特筆すべきは、DSD特有の前後への音場の広がり、臨場感もしっかり感じることができる点だ。DSDとの取り合わせではぴったりかもしれない。


DSD-1794Aは、出力が大きくて、ちょっと聴いた感じは、迫力があっていいのだが、やや音象が甘くボワンとしたところがあった。Baffaro2も悪くなかったが、この二つよりもFN1242Aの方が断然いい。

DSDの良さをほんとうに感じさせてくれる。これでDSDを聴くともうPCMに戻りたくなくなる。これぞDSDの音! やっぱりDSDの音は良かった! 苦労してDSDをやってきて良かった。

みなさんも是非この基板でDSDの音を聴いて欲しい。

この基板は、「My Any Styleさんから購入したものだ。新潟精密のFN1242Aを使ったPCM用のDACだが、実はこれで簡単にDSDを聴けることを、データシートを読んで気づいた友人が発見した。部品を変えることで音の変化も楽しめる。

My Any Style http://myanystyle.net/


それにしても良い音だなあ。




と、いろいろなDSDを聴きまくっていると、むむむ・・・・・・

非常に良い音なんだが、やや無機質というか、音の艶というか温かみというか、丸みというか、そういったところがやや足りないように思えてきた。

うーん。これは何だろう。オペアンプかな。やっぱりMUSES 02かな。今使っているMUSES 8820が400円なのに対し02は3,400円もする。値段のほどの差は無いと聞いているが。ほんとうだろうか。値段が高いからには何か訳があるような気もするが。


うーん。・・・・・・・・・・2時間経過。


と手元に、何故かMUSES 02がある。そういえばさっき黄色い電車に乗っていたような気がする。



という訳で、オペアンプをMUSES 02に交換する。


ああ!やっぱり!違う!瞬間分かる!


高いだけのことはあった。正にMUSES 8820に足りない、質感、音の艶、温かみ、丸みが出ているではないか!!

はっきり言おう! 全然こっちの方がいい。というか音楽聴くならこっち!!

アルディメオラのエレガントジプシー、若い頃、吉祥寺のアウトバックで初めて聴いたレスポールの鮮烈な音が忘れられないが、ほぼこれに近い音で鳴っている。これはCDでは聴いたことの無い音だ。まさにレコードの音に近い。

YESのスティーブハウの生ギターの演奏も同様だ。CDやPCMではなにやらボワンとした音で、レコードの鮮烈な生ギターの音がどうしても出なかった。それがどうだ。まさに、あの時の音を再現しているように思われる。凄い。これがDSDか!「こわれもの」もハイレゾの焼き直しかと思っていたのだが、このDSDは驚きの音だ。ラウンドアバウトも小躍りしたくなるほどの音だ。

FN1242Aは、確実にBaffaro2、DSD-1794Aを数段上回っているといっても過言ではないだろう。レコードの生々しさや鮮烈さが蘇るのだから。



実は、ケースを買いにいったついでに、つい秋月によってしまって、これまではレジの前においてある02を見て見ぬ振りをして素通りしていたのだが、今日は、無意識のうちにMUSES 02を掴んでレジに置いていたのであった。

恐るべしFN1242A! もはや我が家の最強のDSD-DACだ。ますますPCMが聴けなくなってしまいそうで怖い!