2011年2月15日火曜日

voyageMPDのネットワーク

Linuxは分らないが、voyageMPDはやってみたいと思うのは当然で、PCオーディオ実験室」さんや「みすず工房」さんの詳細なインストール手順の紹介ブログは非常にありがたい。

とにかく、パソコン素人のおじさん達には、voyageMPDは超難解なのだ

voyageMPDはネットワーク上の仕組みだから、ネットワークについても簡単な知識は必要だ。

しかし、ネットワークなんてものは、難解中の難解で素人は近づくことすらできない魔の領域だ。

それがどうだろう。最近は、どんなパソコン音痴のおじさんの家にも、インターネットがある。当然のようにブロードバンドの回線が引かれ、パソコンの先には、モデム兼ルーターが繋がれている。

パソコン音痴おじさんが、散々苦労してネットワークの接続に成功した!わけではないのだ。パソコンにネットワークカードを差し込んだり、WindowsにドライバーやTCP・IPプロトコルをインストールしたり、IPアドレスの設定をしたわけでもない。

彼らがやったことは、ただ一つ。パソコンをルーターにつないだだけだ。他には何にもしていない。それで、ネットワークが機能し、インターネットに繋がる時代なのだ。

DOS時代からネットワークに苦労し、WindowsWorkgroupの日本発売見送りに落胆し、ネットワーク機能が標準装備されたWindows95の発売に狂喜乱舞した我が身にして見れば、隔世の感がある。

とにもかくにも、今やネットワークは、当たり前にそこにあるものなのだ。ただ繋ぐだけ。それがネットワークだ。

IPアドレス(バージョンIPV4)は、0.0.0.0~255.255.255.255の間の数値で、232個=約43億個が用意されている。

しかし、中国やインドが本格的にインターネットを始めたらあっという間にアドレスが不足することは明らかで、新たにIPV6という2128個=約340澗=340兆の1兆倍の1兆倍という莫大な数のIPアドレスが用意されている。


IPアドレスは、インターネットに接続するために必要な世界で唯一の認識番号で、ネットワークカード1台につき1個のIPアドレスが必要になる。これをグローバルアドレスという。

ただし、現状のIPV4では、IPアドレスの数に限りがあるので、グローバルアドレスは、企業やプロバイダーに配布され、何十億もある一般の家庭には配布されない。各家庭は、プロバイダーから1個のグローバルアドレスを配布してもらって使うことになっている。

その上で、一般家庭には、家庭内だけで使用する制限付きで、ローカルアドレスというIPアドレスの使用が認められている。それが、192.168.0.0~192.168.255.255までの「216個=65,536個」のIPアドレスだ。

ローカルアドレスでは、インターネットに接続できないので、ルーターが、家庭内LAN側にはローカルアドレス、インターネット側にはグローバルアドレスといった具体に、アドレスを変換してインターネットに接続できるようにしてくれている。

更に、ルーターには「DHCP」という機能が用意されている。これは、ルーターが、接続したパソコンに自動的にIPアドレスを配布・貸与するという便利な機能だ。これにより利用者は、手動でIPアドレスの設定をする必要がなくなり、その存在すら知らなくてもお任せでネットワークを利用できるようになる。

パソコン素人おじさんがパソコンをルータにつなげるだけで、ネットワークやインターネットが利用できるようになるのは「DHCP」のお陰なのだ。

「DHCP」のIPアドレスの貸与期間は、利用者が自由に決められるが、一般的なルーターは60日あたりに設定されている。しかし、60日が過ぎても自動的に同じIPアドレスが再貸与されるので、利用者は特になにもしなくても同じIPアドレスを使い続けられる。

ただし、沢山のネットワーク機器を使っていたり、頻繁に機器を繋げたり切断したりする環境では、貸与されるIPアドレスが変わる可能性もあるので、voyageMPDのようにIPアドレスが変わっては困る場合は、手動で設定した方がいいと思うが、一般の家庭では、その必要性はほとんどないと思う。

このように、誰でも簡単にネットワークを使える時代になったからこそ、voyageMPDも誰もで簡単に使うことができるのだ。

ただし、あまりに簡単でIPアドレスの存在すら知らない人が大半であろう。voyageMPDを使う為には、少なくとも、サーバーPCやクライアントPCやNASのIPアドレスを知っておく必要がある。ここが少しハードルが高いところだが、

Linuxならコマンドラインから ifconfig 
Windowsなら アクセサリにあるコマンドプロンプトから ipconfig 

とコマンドを打つだけでそのPCのIPアドレスを知ることができる。NASは、WindowsPCから、NASを覗けばどこかに表示されている。

これで、素人おじさんでもvoyageMPDのネットワークはOKだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿