2012年4月30日月曜日

scarletbookの使い方

コマンドラインで実行
① scarletbook -h         - ヘルプ:オプションの表示
② scarletbook -iIMAGE.ISO  - 2ch dsdiff を抽出する ( -i 間にスペースを入れない)
*これがデフォルト
③ scarletbook -s -iIMAGE.ISO       - 2ch dsf を抽出する
*デフォルトはdiffなので、dsfにしたい場合は-sをつける
④ scarletbook -c -iIMAGE.ISO    - 2ch dst を dsdiff に変換しながら抽出する
*マルチchファイルはdst(ロスレス圧縮)が多いが、時々、全ファイルがdst(ロスレス圧縮ファイル)の場合がある。デフォルトの②で抽出すると、出来上がったファイルはdst圧縮のdiffとなり、再生できないということが起こる。この場合は、-cで、dstを無圧縮に戻してやる必要がある。②③は高速だが、これは結構時間がかかる。
⑤ scarletbook -c -m -iIMAGE.ISO - マルチch dst を dsdiff に変換しながら抽出する

用意されているバッチファイル
・ Extract DSD Stereo Files.bat = ②
・ Extract DST Stereo Files.bat = ④
・ Extract DST Multichannel Files.bat = ⑤ 

Usage: scarletbook [options] [outfile]
  -2, --2ch-tracks        : Export two channel tracks (default)
  -m, --mch-tracks       : Export multi-channel tracks
  -p, --output-dsdiff      : output as Philips DSDIFF file (default)
  -s, --output-dsf         : output as Sony DSF file
  -c, --convert-dst       : convert DST to DSD (DecoderComp.dll needs to be registered)
  -i, --input[=FILE]        : set source and determine if "bin" image or device
  -P, --print                 : display disc and track informatindflnsd