2012年4月3日火曜日

それでもまだPCMを聴きますか?

いやはや、これほど固い岩盤のような音を聴いたのは初めてだ。

「Audiomachina CRM」の音は虚仮威しではなかった。

CRMは、射撃競技用の超高級拳銃を製作する精密金属NC切削加工職人が作る、完全密封型、アルミ削出、アルミ塊のブックシェルフ型のSPで、その小さな箱からは容赦のないゴツイ低音が出てくる。噂以上の衝撃的な音だ。重量も12KGはあり相当重い。

この小さなモンスターを鳴らすのは、パワーアンプが「AYRE VX-R」、プリが「マランツ#7」。

さて、この恐るべき超高級機器群に単身立ち向かったのは、我が「FN1242デュアルモノDSD-DAC」だ。結果は如何!!


●まずは、このシステムでPCMを聴く。

部屋は狭く、SPは横一杯に離されて設置、高さも低い。

ここで聴くPCMの音は、超高級機器の名にかけて正に最上級の音だ。

ただし、音場は、横に広く縦に低い。

高音、中音、低音がSPの高さから下の空間に押し込められたように出てくる。

また、PCM特有の強調された音が耳にきつい。


●次に、「FN1242デュアルモノDSD-DAC」でDSDネイティブを聴く。

一瞬にして場の雰囲気が変わった。

ゴテゴテの化粧を落とした超絶美人のように、それは突然現れた。

纏わりついていた余計なものがすべて取り払われ、純粋な音だけがそこに存在する。

音場が一気に天井まで広がる。

上下に加え前後の空間感まではっきりと感じられる。

音の密度が高く、一音一音が非常にクリアに聴こえる。

刺々しかった低音のゴツゴツ感は、より一層クリアなゴツゴツに変わりとても心地よい。

音量を上げても全く破綻するところがなく、自然で優しい音が拡大する。

音に包まれる感じで、引き込まれてしまう。

このまま何時間聴き続けても決して疲れることはないだろう。

PCMとは全く異質の音だ。

こんな音の世界があったのかという驚き。

この音を聴いてしまったら、誰もが二度とPCMに戻りたくなくなる、それほど極上の音だった。

この部屋の主人は、これは拷問だという。

この極上の音を聴いた後に、またあのPCMを聴かなければならないなんて、あんまりだと。