2011年11月15日火曜日

LH0032CGを聴く!!

LH0032を基板に組み込んだ。発信もなくあっけなく音が出た。おお!この瞬間は非常に嬉しい。多回転ボリュームでDC出力を0Vに調整。

デュアル基板に部品を実装
WIMA100pF,チップコンデンサ0.1μF,多回転ボリューム10kΩ

丸ピンICソケットでLH0032を受ける
8ピンソケットへは、丸ピンIC連結ソケットで

FN1242A基板に届かないので、ソケットを3段重ねた

無事に合体

肝心の音だが、太めで強めではっきりした音だ。DSD的ではなくやや以外だった。やや硬い感じがするのは、エージングが足りないせいか。なにやらこれから楽しめそうな音だ。

このオペアンプは、きっと本物だと思う。そうなら$13ドルは非常にお買い得だ。



もう少し聴きこんでみる事にしよう。エージングも必要だろうし。