2015年6月14日日曜日

デジタルオシロ

ついにデジタルオシロがやってきた。


Hantek DSO 5202BMだ。帯域は200MHz、メモリ長は2M、素人が使う分には十分だろう。
ebayで428$(送料無料)だったが、円高の頃だったら日本円で2万円安く買えたはず。円安が恨めしいがそれでもこのスペックでこの価格は安い。

とにかく素人にありがたいのは、波形のAUTO SETがあって、自動的に画面上にちょうどいいように表示してくれる点だ。周波数や電圧などいろんな情報が表示されるが嬉しい。従来のアナログオシロだと、設定メモリから自分で計算しなければならなかった。

中国の青島のメーカーだが、最近はデジタルテスターなどもほとんど中国製に取って代わられている。業務用は別だろうが、素人用にはこれで十分だ。


元々、5062B(60MHz)がファームウエアの更新と簡単な改造で200MHzになると聞いたので、5062Bを探していたのだが、ebayを探していたら、5202Bがそれほど高くもなく売っているので、万が一改造に失敗するリスクを考えると、5202Bにした方がいいだろうと方針転換、どこで買おうか探していると、5202BMというのもある。何が違うのか見ると、メモリ長が5202Bが1MでBMが2Mの違いだった。波形表示にはメモリは大事だということなので、値段もそれほど違わないので、結局、ebayで一番安い業者で5202BMを買った。

それにしても販売業者は中国だ。無事に届くのかが心配。「箱が原型を留めない」「まるいボールのような段ボールが届く」「。平気で腰の高さから床に落とす」など悪い話ばかり聞く。しかし、何かあればebayとPaypalが何とかしてくれるはずと"えいやー"で買った。

送料無料だったが手続きの途中「金を出せばもっと早くていいのがありますぜ!」と言われたが、我慢し通常の送付でお願いする。6月4日に注文したが、1週間後の11日に配達された。予想に反し早かった。

箱も何とか原型を保っていた。オシロ本体もビニールに包まれて新品だ。付属の電源ケーブルは
穴の形状が合わず使えなかったが、200MHzのプローブが2本付いているのは嬉しい。

電源を入れて、プローブの調整をしてから、さっそく波形を見るも問題なく表示される。よかった。故障はしていないようだ。やっとほっとする。

小さいので机の上に置いて使うことにする。これならいつでも手軽に波形が見られる。ありがたい。