2011年7月19日火曜日

PS3

ようやく時間ができたので、PS3→SACDリッピングに挑戦してみようと思う。

まずは、実行する前にインストールの手順を検証してみた。わからないことが多い。


①公式3.55ファームウエアのインストール
手元にあるPS3のファームウエアが3.50なので、まずは、ファームウエアをソニー公式の3.55にする必要があるようだ。

公式3.55ファームウエア PS3_355_FW_UPDATE (PS3UPDAT.PUP)
USBメモリのフォルダー /PS3/UPDATE/PS3UPDAT.PUP

セーフモードを起動し、3.55ファームウエアの入ったUSBメモリを挿入しシステムアップデートを選択する。


②カスタムファームウエアのインストール
次に、カスタムファームウエアのインストールが必要だ。しかし、探すといくつもの種類がある。どれを使えばいいのだろうか? 失敗しても元に戻せるのだろうか?

CFW (Custom firmware) (PS3)
このサイトでは「Kmeaw3.55」「Rubug3.55」を使えと言っている。こちらはコンパイルが必要。
http://code.google.com/p/sacd-ripper/source/browse/trunk/readme

このサイトでは「OtherOS + +(Venix S-PLUS 3.55/3.66)」を使えと言っている。こちらはバイナリを使うのでコンパイルは不要。こっちのほうが簡単そうだが、「OtherOS + +」というのは「Venix S-PLUS 3.55/3.66」でいいのだろうか?

再度、セーフモードにしてカスタムファームウエアをUSBメモリにコピーし、システムアップデートする。

③SACDリッパーのインストール 
最後に、SACDリッパーのインストールだ。USBメモリに、SACDリッパーのバイナリファイル(sacd-ripper.pkg :これでいいのかな?)をコピーしPS3のメニューの「パッケージファイルのインストール」でインストールを行う。

途中、PS3のルートキー「ps3free-ps3keys-master.tar (解凍する)」を入れろと言ってきたらUSBを差し込む。リッピングする際の形式を選択する。

以上でOKのようだ。

とりあえず、必要なファイルは確保したが、カスタムファームウエアは、「Venix S-PLUS 3.55/3.66」でいいのだろうか?これだけがよくわからない。どなたかご教授ください。