2018年2月26日月曜日

MJオーディオフェスティバルに出展

3月4日、損保会館で開催される第3回MJオーディオフェスティバルに、NDK(日本電波工業)さんと共同で502号室に出展することになりました。お時間のある方は是非とも足をお運びください。

開場  10:30
場所  損保会館502号室
第1回目デモ 11:00~11:35
第2回目デモ 14:20~14:55


当日は、AsoyajiDACのデュカロン版と通常版で比較デモを行います。ファインメットコアライントランスによるアナログ出力の周波数特性の素晴らしさ、デュカロンの高精度クロックが如何に凄いか、バッテリー駆動の静けさと力強さを感じていただければと思います。

上流は、ミニPCをレンダラーに使ったネットワークオーディオでのデモとなります。メディアサーバーはQnapNAS(MnimServer)、iPad(ControlPoint)で操作します。

スイッチングHUB、無線ルーターはいずれも5Vバッテリー駆動です。NASはDC12Vなのでリニア電源経由です。PCは開発用PCで、メモリ2GB,eMMC32GB、OSはWiindows10で、こちらも5V2Aバッテリー駆動です。

そしてAsoyajiDACは、AKMの4497EQチップを使ったデュアルモノDACです。アナログ出力信号は差動信号ですが、これをファインメットコアライントランスTLT1010で差動合成します。このトランスは周波数特性が素晴らしくフラットで、音声信号を劣化させることなく、低域から高域まで極めて自然な音を出力します。

また、DACには位相雑音が極めて低い超精度のOCXO「DuCULon」で音声信号をリクロックし更にこれをそのままマスタークロックとしてDACチップに入力します。音楽専用の汎用クロック「NZ2520SD」もかなりのレベルの音になりますが、「DuCULon」の音を聴くと更に音が変わります。まだ上があったのかと驚きを隠せませんが、これこそが本当の音なのかとため息がでます。

下流は、プリアンプを使わず、ファインメットコアのオートトランスを使った、トランス巻き線比を変化させることによって音量を変えるボリューム(TVC)経由で、パワーアンプに直接つなぎます。

尚、スピーカーは、名古屋のLinfof工房さんが作ったチーク材の渾身の逸品「ALPAIR7 MAOP」で、ユニットは「MarkAudioのMAOP7_v1」です。これをフルレンジで鳴らし、下段のウーハーで低域を加えています。

現在、AsoyajiDACの試作ケースを業者に依頼していますが、全行程をやると3月3日には間に合わないので、塗装や表面処理やエンブレムなど無しでお願いしています。よって、当日は、残念ながら完成品のイメージとは異なるケースとなります。