2013年6月20日木曜日

FN1242A基板(2)

音量が小さいのは、ルンダールの入力インピーダンスが200Ωしかないことが原因だと思われる。

そこで、基板出力の+と-に直列で2~10kΩの抵抗を入れてみた。ただし、2次側の2KΩがあると全然効果がないことがわかりこれを外すことにした。

2kΩだと、音量は十分。中高域は素晴らしい音。ただし低音が全然だめな感じ。高域にノイズがある。
4.7KΩだと、音量は十分。低音も素晴らしい。ただしまだ少し高域にノイズがある。
10KΩだと、音量は十分。すべてにわたって素晴らしい音だ。高域のノイズもほとんど感じない。

ということで2次側の2kΩを外し、1次側に直列で10KΩの抵抗を入れた。



上下とも写真が間違ってたので差し替えました(6/24)

驚きの音だ。解像度が高く透明感があり、その上音が鮮烈で迫力が凄い。これほんとうにFN1242A1個の音なのかと疑ってしまうくらいなのだ。手元のDSD原理基板では、この鮮烈さと迫力には勝てない。それほど凄い。オーノー!DSD原理基板はどうなる。