2012年12月30日日曜日

パワーアンプの電源を分離!

LM3886/4パラ・パワーアンプのノイズが気になってしようがないので、いつか作り直したいと思っていた。

DACの電源分離が終わった後から、少しづつ作業を進めてきた。

まずは電源。

ノイズ源がよくわからないので、とりあえずすべて解体し再構築することにした。以前は、ケース内で直接配線していたが、今回は整流、平滑は基板上で配線した。

また、以前はイントレット無しで直接電源コードを内部に引いていたが、ノイズフィルター付きのイントレットにした。

更にノイズ対策として、平滑の後にEMIフィルターを入れた。

そして、コンデンサをエレナの15,000μF×4個から47,000μF×4個に変えた。





次は、アンプ基板部。

問題はヒートシンクだ。前は、ケースサイドボディーそのものが大型ヒートシンクだったが、今回は普通のケースなので、ヒートシンクを買ってきたのだが、なんとなく小さい気がする。もう少し大きめがよかったかも。



無事に、本日完成!とりあえず音出し。ノイズは???!!!


電源を入れる。おおいきなり音が出てきた。今回もミスなしで一発で成功!

そして、ノイズは!   ・・・・・・・ 全くない!!  

音質は?   ・・・・・・・・ より音がクリアになった感じ!! 解像度が増している! 無音時の透明感が違う!! 音に格段の余裕が出てような気がする。

これは大成功だった。年内に間に合うか心配だったがなんとか間に合った。これで年末年始はゆっくりと音楽をきくことができる。 ふう。