2012年6月20日水曜日

DSDダック3兄弟

うちのDSDダック3兄弟の写真をとった。ケースは使いまわしなので合わなかったり、使わない穴が開いたりしている。いずれ、電源部を分離して共有化し、よりコンパクトにしたい。


DSDダック3兄弟

上から、XMOS+BaffaroⅡ、
エレアトUDA基板(DoP)+DSD1794A完成基板、
エレアトUDA基板(標準)+FN1242AデュアルモノDAC



末っ子:XMOS+BaffaroⅡ(ES9018S)

XMOSは、stefさんのファームウエア。IV変換はトランス。
DoP対応。
一番コンパクト。
音は厚みがあって太く、ジャズ・ボーカルは最高。
PCMは問題ないが、DSD選曲時に盛大なポップノイズが出る。


次男:エレアトUDA基板(DoP版)+DSD1794A完成基板 

エレアトさん渾身の組み合わせ!
DoP対応(アイソクロナスモード)。
PlayAudio(バルク転送モード)。
解像度が高く美しく素晴らしい音。
クラシックからロックまで何でもOK。
ノイズ対策もばっちり。


長男:エレアトUDA基板(標準)+FN1242AデュアルモノDAC 

デュアルモノにしたためPCMとDSDの自動切換えができず、DSD専用機としている。
従って、PlayAudio(バルク転送モード)が主。
デュアルモノは音の迫力が違う。
FN1242Aの音は一番のお気に入り。この音最高。 
滑らかで美しく、引き締まった低音も良く出ている。
自然で、奥行き間があり、空間感を感じる。最もDSDにマッチした音だと思う。
UDA基板の作りがよくノイズなし。