2012年10月23日火曜日

感激のDAC9018D音が出た!

苦節10年。

ではなく、自力修理を諦めお蔵入りしていたのをrtm-iinoさんに修理していただいたのだった。面倒なことをやっていただきほんとうに感謝です。ありがとうございました。

実は、ES9018Sチップもジッタークリーナー(Si5317)も無事だったのだ。音が出なかった原因は、半田不良箇所が数カ所、抵抗値が3桁違っていたのが数個などだ。要するに単純なミスばかりだった。半田もあれほど確認したのにこのざまで、猛省だ。

それにしても音がでるとやはり感動する。

最近、ES9018S基盤2枚のデュアルの音、DSD9018Dの音を両方聴く機会があった。どちらも解像度が高いしっかりとした音で、甲乙付けがたい。

基盤が左右に分かれた2枚が良いという人もいれば、シフトDSDやジッタークリーナーがついているDAC9018Dの方が良いという人もいる。

どちらも素晴らしいが、シフトDSDは明らかに音が変わる。音が太くなりよりしっかりとした音になる。

今日、3時間ほど聴いているが徐々に良くなってきた感じがある。なかなかいいかも。