2012年8月24日金曜日

DSD256の聴き方!

Ama Ama Audio Visualのsunacchi さんやBunpeiさんなどに触発されてDSD256をしっかり聴いてみた。

正直DSD64でも素晴らしい音なので、DSD256まではいらないんじゃないかと思っていたのだが、sunacchi やBunpeiさんが、あれほど絶賛されているので、やはりきちんと聴いてから評価しないと申し訳ないと思い、環境を整え本格的にDSD256を聴いてみた。

DSD256を聴くといっても、DSD256を受けることのできるレシーバーが必要だ。現在、私が知る限りで、DSD256を聴くことができるのは、以下の3つだ。

 ・ ElectrArt 「UDA(DoP)基盤」(バルク転送モード:最新ファームウエア)
      http://fpga.cool.coocan.jp/electrart/uda_dop.html

 ・ 外国(カナダ) 「exaU2I」(DSD512までOK)
      http://www.exadevices.com/exaU2I/Features.aspx
      http://asoyaji.blogspot.jp/2011/04/exau2i-usb-to-i2s-interface.html

 ・ chiaki氏 「SDTrans384」
      http://www.chiaki.cc/Transport/sdtrans192.html

さて、いただいたDSD256音源を、UDA(DoP)基盤で聴こうとしたところ、テンポが遅れゆっくりとした低音が再生される。どうやってもまともに再生出来ない。

エレアトの田力さんに相談すると、私の基盤はバルク転送モードのファームウエアが最新でなくDSD256に対応していないとのことで、早速、最新のものに書き換えていただいた。

これでようやくDSD256を聴くことができるようになった。


PCM44.1kHzをDSD64,128,256に変換した音の感想だが、

PCM 音圧が高く聴いた瞬間に良い音だ!と感じる。DSDより良いと感じる。しかし音量を上げると、全体が同じように音量が上がり何やら苦しさを感じる。音源によっては、音が破綻する。全体に耳が痛くなる。

DSD64 第一印象はPCMより落ち着いた音だ。しかし、ボリュームを上げると、より小さな音や細部まで見通せるようになり、かなり解像度が高いことがわかる。また、空間感や奥行き感や背景の静けさが格段に違うことを感じる。

(PCMとDSDの違いはボリュームを上げるとよくわかる。)

DSD128 DSD64より音の厚みが増す。

DSD256 DSD256より更に音の厚みが増し、非常にしっかりとした音になる。解像度も増して、1音1音が煌めくように感じる。より一層、空間感や奥行き感や静けさが増す。驚くほど完璧な音に感じる。圧倒的に素晴らしいと感じる。

PCM44.1kHzの音が、こんなに良い音になっていいのか?とさえ思ってしまう。

これなら、膨大なPCMの音源をもう一度最高の音質で楽しみ直すことができる。

やはりDSDは素晴らしい。そして64より128、128より256の方が格段に良い!


それでは、どうやったらPCMをDSD256に変換できるのだろうか?

ここで登場するのが、Ama Ama Audio Visualのsunacchi さんのHPだ。ここに、DSD256への変換ソフト「wav2DFF」がある。これを使えばいい。

「wav2DFF」はコマンドラインで実行するプログラムだが、なんとバージョン1.5から、Wave Pcm Upconvert Playeのyuki_sanが専用のGUIを用意してくれた。おかげで、コマンドプロンプトを使わなくとも簡単にWindowsを使って変換することができる。これは便利!sunacchi さんにyuki_sanさん、ありがとう!


DSD256の作りかた Ama Ama Audio Visualより

(1)wav2DFFを使う

PCM-DSDコンバータ version1.5 http://ama-audio.seesaa.net/article/287217665.html
Wave to Dsdiff Converter - Version1.5 - GUI http://members3.jcom.home.ne.jp/yuki_san/

上記リンクからプログラムをダウンロード

PCM44.1kHzを用意し
Wave to Dsdiff Converter - Version1.5 - GUIで選択

オプションで各種設定

・・・で進行状況が把握できるようになった。

終了時に変換時間も表示される
変換時間は大幅に短縮された
(Coa2Duo2.4GHzにて半分くらい)

PlayAudioで、できあがったDSD256を再生



(2)hchfs441.exe、chfs256.exe AudioGate,DSD Directを使う

Ama Ama Audio Visualのsunacchi さんのHPからダウンロード。
http://ama-audio.seesaa.net/article/287217665.html

PCM 44.1kHz16bitを用意し、AudioGateで176.4kHz/24bitに変換(4倍) 

このファイルを ① chfs441.exe にドロップ
自動的にPCM 44.1kHz/16bitに偽装される

できあがったファイルをDSD DirectでDSD64DSFに変換
(4倍×64倍=256倍)。
*DSD Directは、DSD64_DSFにしか変換できない

DSFはPlayAudioでは再生出来ないので、
AudioGateでDSD64DIFFに変換する

DIFFファイルを ② chfs256.exe にドロップ
自動的にDSD256ファイルができあがる

これをPlayAudioで再生。






Bunpeiさん、いろいろありがとうございました。