2015年4月29日水曜日

ポールマッカートニー 東京公演(ブドーカン)

25日の東京ドーム公演で大満足だったのだが、ひょんなことからチケットが手に入り、武道館公演に行くことができた。思わぬことで大感激。Yさんありがとう。


Yさんと5時40分に東京駅で待ち合わせ。武道館公演もドームと同じ4時30分開場、6時30開演予定だ。東京ドーム初日は30分、2日目は1時間、3日目も30分遅れだったので、今日も多少遅れるかもしれないと思いつつ東西線で九段下へ急ぐ。田安門から入ると結構人があふれている。まだ開場していないようだ。時間は、6時少し過ぎたところ。


それにしても入口がさっぱりわからない。人が溢れているせいもあるが、周りに何の案内も表示も見えない。ようやく見つけた黒スーツの会場スタッフに聞くと、時計台の向こうに並んでくれとのこと。時計台の辺りから北の丸公園を科学技術館の方へ延々と順番を待つ列が続き、科学技術館の前で折り返して武道館入口に続いている。この感じだと6時半開演は無理だ。

延々と並んでようやく席に着いたのは、7時頃。まだ、会場は人が入りきらずに空席が目立つ。7時30分開演か!今日も用意したおにぎりを2個口に放り込み待機する。7時30になるも始まらない。8時を覚悟する。待ちわびた観客たちが両手を上げ立ち上がるウエーブを始め開場をぐるりと回る。




7時55分、ついに始まった。今夜のオープニングは「キャント・バイ・ミー・ラブ」だ。「こんばんわ、トーキョー、ブドーカンヘようこそ」 ポールの日本語の語りはほぼ東京ドームと同じ。ただし、ドームではポールの英語がスクリーンに日本語でリアルタイムに字幕表示されたが、今回は、それはなく映像だけ。聞きとりにくくて分からないところも多かったが、ポールの片言日本語は随分上手くなった感じだ。

会場がドームよりかなり小さいので臨場感は抜群。2階席だったが十分に肉眼でもポールを捉えることができた。炎と轟音もドームより遙かに迫力があり、煙の臭いまで席に届く。

ビートルズの曲になるとほぼ全員が総立ちとなり歓声が上がりほんとうに盛り上がる。しかし、ソロの曲になるとみんな座って静かに聴いている。しかたないよね。みんな年よりなんだから。

オブラディオブラダとヘイジュードは同じくみんなで合唱。ポールは、ドームより乗っている感じだった。何度も何度も「ブドーカン」を連呼していたので、やはり思いれがあるのだろう。

LET IT BEでリストバンド・ライトが光りだす。会場全体で主催者側のプログラムどおり青や赤に光る。非常に美しい。これはドームにはなかった。ヘイジュードが終わった時だったろうか、会場全体のライトが、なんと、ユニオンジャックと日の丸を描き出しているではないか。これには驚いた。ドームではポールがアンコールの合間に、両国の国旗を持ってステージを走っていた。

おそらく武道館の使用時間の関係だろう、アンコールは、ドーム1回目のアンコール曲が端折られて、2回目の「イエスタデイ」「ゴールデンスランバー~ジエンド」と一気に進み、ポールが「またあいましょう」と挨拶。

アンコールの拍手を送るも、あっというまに紙吹雪が舞ってしまった。追い討ちをかけるように「本日の公演は終了しました。」とつれない場内放送で万事休す。7時55分に始まり10時ちょっと前終了。約2時間の公演だった。

セットリストを25日のドームと比べてみた。ドームの青い色が今回やらなかった曲、武道館の赤い色が今回新たにやった曲。

「Jet」「The Long And Winding Road」「Lovery Rita」「Eleanor Rigby」Something」「Band On The Run」「Day Tripper」「 Helter Skelter」が削られ、

「One After 909」「Dance Tonight 」「Another girl (ポールが世界初!と叫ぶ)」「Got To Get You Into My Life 」「Birthday」が新たに演奏された。

全体で、25日は全39曲だったが、今回は30曲で9曲も少なかった。それでも、ビートルズファンは、ポールを通して十分にビートルズを堪能できたと思う。そもそも東京ドームの39曲2時間40~50分が異常なのだ。本来はこの武道館公演が普通なのだろうと思う。

ただ武道館チケット代が異常に高かったので、せめて東京ドームくらいはという思いは残ったかもしれないが、ポールの頑張りに敬意を表したい。

ポールは72歳の老体にも係わらず驚異的な体力で日本公演を乗り切った。ほんとうに御苦労さま。ありがとう。感謝。










ユニオンジャックと日の丸が美しい

祭りの後の寂しさ

翌朝のペニンシュラホテル