2014年2月11日火曜日

タンデム基板接続例

さて、接続例を考えてみたがこんな感じだろうか?(間違ってたらご指摘ください。)

PCM(シングル)の場合、マスター基板だけでタンデム接続ができてしまうので、スレーブ基板はなくてもいいかもしれない。

PCM(デュアル・モノ)、これが一番面白そうだ。マスター基板でデュアル・モノが可能だが、同時にスレーブでもデュアル・モノが可能となる。これを合わせれば、デュアルモノ×2ができる。

DSD(シングル)、FN1242Aは、DSDを入力するとフルーエンシーもΛ∑もスルーして、いきなりDAC部に入るので、マスター基板もそれぞれシングルを再生することになる。スレーブ基板は必要ないように思われる。


DSD(デュアルモノ)、これもマスター基板でデュアル・モノが可能だ。スレーブにも同じDSD信号が入るなら、これもデュアル・モノにして、デュアル・モノ×2ができるが。そうでなければスレーブ基板は不要となる。