2013年5月9日木曜日

Bug Headの波形

もしやと思いBug Head Emperor の波形を測ってみようと思い立った。比較するのはFoobar200だ。
予感が的中というか、なんと驚いたことにLRCK(左チャンネル信号)の波形が違う。

Foobar2000の方は、LRCK(左)もSDATA(右)も半周期遅れた矩形波が交互に重なった形をしているのに対し、BugHeadの方は、重なりがなくしかも周期がかなり長い。

Foobar2000のLRCKの周期と周波数は、
 周期 16DIV×0.05μS =  0.8μS  周波数 1/ 0.8×10^-6 = 1.25MHz あたり。

BugHeadのLRCKの周期は、
 周期 6DIV×2μS =  12μS   周波数 1/ 12×10^-6 = 0.083MHz = 83KHz あたり。

BugHeadのLRCKの周波数が約83KHzってどういうことなのか???これの意味するとことは私の知識では不明だが、やはりBug Headは何かが違うようだ。


# 5月10日
kouさんのご指摘で、Bug Headの波形の方が正しい波形で、Foobar2000の方が何かおかしいらしいという事がわかりました。

オシロの波形が見れるようになったことが嬉しくて、思わず勇み足をしたようです。m(_)m

#5月10日
Foobar2000がおかしいのではなく、これはDoPの仕様のようです。DoP以外のドライバーで再生すると通常の波形になることから間違いありません。JRMCでも同様でした。

I2Sの波形をこうして見たことがなかったので、勝手に騒いでしまいました。相変わらずで恐縮です。