2012年7月31日火曜日

理想のPCオーディオ(4)

皆様、いつもながら暖かいご指導をいただきありがとうございます。

さて、どうもRCフィルターの後ろにバッファというものを入れた方がいいらしい。これでインピーダンスが小さくなるそうだ。バッファとはオペアンプのことらしい。

そこで、フェニキアさんに教えていただいたサレン・キー型3次ローパスフィルターをつくってみることにした。

しかし、しかし、RCローパス一発の音は本当にすばらしい。先日の組み合わせでは音量が小さかったので、いろいろな組み合わせを試してみた。

抵抗は小さい方が音量が増す(これは電圧降下によるもので当たり前のことか?)。10kΩを超えると音量がかなり小さくなるので、やはり1KΩあたりが限界かも。これ以下だと十分な音量となるが反対にコンデンサ容量が大きくなり高価になる。

コンデンサの違いで音質が変わる。サンリング、ウイマ、AMCHを試したが、サンリングが一番色つやのあるいい音で全くノイズがない。ウイマはキュルキュルノイズが出てしまった。AMCHはすっきり爽やかな音でこれもノイズはない。試した中ではサンリングが最も好きな音だった。

結局、持ち合わせの部品の中では、抵抗1kΩ、コンデンサ220pの組み合わせが最もよかった。カットオフ周波数72.3kHzだが、コンデンサ容量がもう少し大きめの300pだと53kHz、400pだと40kHzになるので、今度買ってくることにする。


間違いですね、ご指摘のとおり723kHzでした、こりゃだめです。でもここまでいけるならそもそもローパスフィルターいらないんじゃないかと思ってしまいます。あー恐ろしや。