2014年9月20日土曜日

Raspberry Pi I2S (4)

RaspberryPiとタンデム基板の信号線をGND線とツイストペアにすると、音が圧倒的に安定する(半導体計測屋さんのご指導)。これは凄い。必ずやったほうがいい。

GNDはRaspberryPiのP5だけでは足りないが、P1にたくさんあるのでこれを使う。



Volumioのリサンプリング機能で、44.1kHzか192kHzを選ぶ。

192kHzを選ぶと、タンデム基板のマスター基板のFN1242Aのチップ前段で8倍オーバーサンプリング、フルーエンシー補正されDSD512に変換される。

これをテストモードで取り出し、スレーブ基板のFN1242Aに入力しチップ後段のLPFでアナログ変換された音を聴くのである。

44.1kHzは高域がよく伸びるがやや騒がしい感じ。192kHzは静かで解像度が高く滑らかで素晴らしい。