2014年12月14日日曜日

RaspberryPi B B+ I2S 接続

半導体計測屋さんが、RaspberryPiのI2S 接続基板を作成されたので、個別に基板を作ることはないと思うが、多少の変更もあったので、再度、標記についてまとめておく。

volumio 1.51 FS_LED対応版(半導体計測屋さん)
  http://zx900a.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html

 *タンデム基板でマスタークロックを作るためFS_LED情報を出力する。
 *GPIO 16PIN=FS2出力
             18PIN=FS1出力
            22PIN=FS0出力

 *RaspberyyPi Model B は電源が原因で起動しないといったトラブルが多い。一方、Model B+は電源が強化されており、音質的にも大きな差はないので、今後はB+をお勧めする。


RaspberryPi B I2S 接続図


RaspberryPi B+ I2S 接続図







* DDWINの使い方

USBリーダーライターにSDカードを挿入する。
DDWINを管理者として実行する。
  DDwinはこちらから
 http://www.si-linux.co.jp/techinfo/index.php?DD%20for%20Windows


注意! 対象ディスクが当該SDカードで間違いないことを、必ず確認すること。

デフォルトでは ddi しか表示されないが、
ファイルの種類 で All files を選ぶと全てのファイルが表示される

vokumioのイメージ(拡張子 img )を選ぶ