2017年8月26日土曜日

JPLAYネットワークのパフォーマンス向上

JPLAYstreamerを楽しむ際、ControlPC、AudioPC、NAS、ControPointなどをネットワークに繋ぐが、このパフォーマンスを改善する方法がある。

それが、CheckSum Offloardだ。これをオンにすると、OSがやっていたチェックサムの計算をNICが行うようになる。これでCPUの使用率が下がりパフォーマンスが上がる。

しかし、実は、これがパフォーマンスの足かせになっており、これをオフにした方がパフォーマンスが上がるらしい。これをオフにするということは、チェックサムの計算をNICではなくOSがやることになる。ということでNICのパフォーマンスが上がり、ネットワークが高速になったり、途切れがなくなり安定する。

DAC Link700Hzが安定せずすぐに途切れるという方は試してみる価値がある。

デバイスマネージャーのネットワークアダプターで、ControlPC、AudioPC、ControPointのNICを選択し、プロパティ、詳細設定の画面で、赤枠で囲った項目の値をすべて「Disable」にするだけだ。

MinimServerの反応が速くなり、音質も向上するように感じる。





0 件のコメント:

コメントを投稿